「SLキューロク館」 (続き)

9月13日
*****
SATO_20160910_145532_DSC_3501.jpg
*****
奥に写っているのは、「真岡駅」です。
駅舎の3階4階は、真岡市情報センターになっていて、真岡鉄道に関する物や鉄道ジオラマ、トーマス関係のプラレールなどがあり、4階デッキからは、下館方から進入してくる列車を遠くから真岡駅に入るまで俯瞰していられる。お気軽俯瞰場所かも知れないです。
*****
SATO_20160910_142650_DSC_3493.jpg
*****
真岡工業高校の生徒が作成したものらしく2台?あります。
*****
SATO_20160910_142624_DSC_3492.jpg
*****
さて、再び「SLキューロク館」の中です。
スハフ4425号外観
入ると直ぐに客車「スハフ4425」が眼に入ります。この客車は新居浜からSLキューロクへやってきたもので、2012年3月25日、解体のため船の科学館より 、新居浜東港に移され、 4月27日~6月10日、 新居浜東港黒島埠頭にて最後の一般公開が行われた元青函連絡船「羊蹄丸」の船体の中で公開されていた客車「スハフ4425」です。
*****
SATO_20160910_145842_DSC_3503.jpg
*****
SATO_20160910_150101_DSC_3504.jpg
*****
表に展示されているD51形蒸気機関車
1976年2月から2004年3月まで静岡市駿府城公園に、そして2015年9月まで静岡市城北公園にて静態保存されていました。
このD51は、2013年2月21日を持って撤去解体と静岡市は一旦決定をしたのですが、その後解体から引取先の公募へと変わり、
2013年9月、那珂川清流鉄道保存会への譲渡が発表。
2014年1月、那珂川清流鉄道保存会は資金不足を理由に譲渡を辞退。
2015年1月、真岡市への譲渡が正式に発表され真岡にやってきたのです。
*****
SATO_20160910_151536_DSC_3516.jpg
*****
SATO_20160910_151609_DSC_3518.jpg
*****
敷地内には、他にも沢山の珍しい車両が並んでいます。
写真を撮っていませんが・・・・
さて、そろそろ撮り鉄の時間が迫ってきましたので、撮影ポイントへ徒歩で移動です。
移動時間、約2分、すぐ間近の踏切です。
もう一度、次に続かせてください。
次回、アップします。
*****
画像をクリックすると大きくなります

ブログに訪問していただきありがとうございます。
ブログ村のランキングに参加していますので、
御訪問の折には、是非クリック
↓よろしくお願いします


にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青かぷ

Author:青かぷ
何気なく撮りためた写真。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
441位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク