銚子電鉄 久しぶり

5月6日
*****
SATO_20160423_142509_DSC_3174.jpg
*****
久しぶりに銚子へやって来ました。銚子漁港の市場で昼食を食べ、真っすぐに「外川駅」へ。
外川駅も銚子電鉄の駅名ネーミングライツにより「ありがとう駅」となっています。駅の看板は大きく「外川駅」となっていますが、所々に小さく「ありがとう」と書かれています。
ネーミング権を得ているのは、松戸市にある建設会社さんで、銚子電鉄の銚子の町に鉄道を存続させるため、そして「この町に銚子電鉄があってよかった♪銚電ありがとう!」と言われる会社になるために!と言う趣旨と建築会社さんが最も大事にしている言葉「ありがとう」から命名されました。(詳しくは下記をクリック)
「ありがとう」の命名について
*****
SATO_20160423_141756_DSC_3168.jpg
*****
昭和25年製造、現在は休車状態で傷みもひどくなって来ましたが、線路の終わり間際にデハ801形が留置されていました。
銚子電鉄の車両たちの更新がすべて整ったことになるのかな?
*****
SATO_20160423_142746_DSC_3180.jpg
*****
若い社員の方たちの姿も目立っていたように感じます。
ここから少し歩いて有名な?神社へ行ってみようと思います。
鳥居がまた増えたとか・・・
*****
SATO_20160423_145644_DSC_3183.jpg
*****
上にサンマ、下にイワシ、柱にアナゴ?が描かれている鳥居があるのですが、またまた今度は「鯛」の鳥居が増えました。
ここ「長九郎稲荷大明神」は、かつては小さな赤い鳥居が建つローカルな神社で、地元では「チョボクリ稲荷」と呼ばれ、今から約350年前に紀州からこの地にやって来た長九郎が子孫繁栄を願い、京都伏見稲荷から分祀したという、由緒正しい神社らしいです。
東日本大震災の際に、鳥居が倒壊してしまい、2012年に建て直した時「よりご利益があるように」と斬新なアイディアにしたそうです。
長九郎稲荷大明神に向かう道は、まるで探検をしているような小道を進みます。散歩、特に早朝の日の出の時間に散歩するのが最高の所ですね。
*****
SATO_20160423_154959_DSC_3194.jpg
*****
帰りに醤油ソフトクリームを食べに「仲ノ町駅」横のヤマサ醤油工場へ。丁度踏切が鳴り始め銚子電鉄の現役車両をワンショットで収めることができました。左から元京王電鉄2010系、2001+2501、隣が2002+2502、次が2016年3月26日運行開始した、元伊予鉄道700系、銚子電鉄では3000形(3001+3501)として 澪つくしカラーでデビュー、赤い電車は既に引退したデハ1002、元営団地下鉄より譲り受けた車輌で、営団地下鉄時代の塗装で運行されていましたが、2015年1月10日をもって引退、運行を終了しています。この日は、「銚電わくわくドキドキ車掌体験!(小学生限定)」のイベントが行われていて、実際に小学生がデハ1002を運転体験していたようです。
*****
画像をクリックすると大きくなります

ブログに訪問していただきありがとうございます。
ブログ村のランキングに参加していますので、
御訪問の折には、是非クリック
↓よろしくお願いします


にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青かぷ

Author:青かぷ
何気なく撮りためた写真。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
441位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク